肌の保水力が低下する原因は、次の2つです。 ・新陳代謝の低下 ・コラーゲンの減少 まず、保湿力の低下には、新陳代謝が大きく関係しています。 新陳代謝が低下してしまうと新しい肌を作ることができないため、いつまでも古い肌で生活をすることになります。 古い肌は角質細胞がボロボロなので、いくら水分を与えても、吸収することができません。 そのため、肌の保水力をアップするには、新陳代謝を向上させる必要があります。 また、コラーゲンが減少すると保水性も失われていきます。 コラーゲンがないとどんなに水分を与えたとしても、すぐに肌が乾燥してしまうでしょう。 年齢を重ねるごとにコラーゲンの質が下がり、量も減少していき、肌の保水力が低下していきます。 だからこそ、美肌を作るためにはコラーゲンが必要だといわれているのです。 肌の保水力をアップさせるためにも、不足しがちなコラーゲンを摂取するようにしてください。 食べ物でコラーゲンを摂ることもできますが、上手く吸収することができないので、コラーゲン配合のサプリメントや化粧品などを使用するのがオススメです。